腸内フローラ ニュースポータルサイト 腸内フローラ.com(マイクロバイオーム.com)

腸内フローラ.com 新着ニュース

腸内フローラを育てて腸美人にNEW
肥満の原因になっている!?知っておくべき「腸内フローラ」とは
なぜ第2の脳といわれるの?腸から感情が出ているってホント?
腸内環境が変われば、性格も180°変わる?
腸内環境正常化に必要な4Rとは
ズルいほど「食べても痩せ子」のヒミツは腸にアリ!その仕組みは…
食べ物と腸がもたらす遅発型食物アレルギーとは?
体の内側から変える 腸を整えて花粉症を乗り切る方法
「糞便バンク」開設、腸内感染症治療に活用 オランダ
便秘大敵! 腸を制するものは自律神経を制す
「便秘」は放置すると深刻な病気に? 腸内を荒らすNG習慣4つ
発達障害、母の腸内細菌減影響か 脳の発達異常と関連性示唆、福井大
母乳と粉ミルクでは、乳児の腸内フローラが変わる
逆にデブる可能性も!カロリーオフ食品の落とし穴
腸内フローラばかりではなく皮膚フローラも大切、性感染症の細菌感染から守ってくれる
若い頃に下剤を乱用…将来、腸の病気になるリスクは高い?
第2の脳、腸を鍛えるなら「日和見菌」を育てよ
潰瘍性大腸炎に期待の治療法 健常者の便を移植
「コーヒー浣腸」素人療法は危険 腸を傷つけ細菌感染の恐れ
腸内フローラ よい腸内環境を知るカギは「便通」「残りかす」「臭い」
腸内細菌は人によって違い、最善のダイエット法にもつながる
新生児のママは急いで! 生後3ヶ月以内の腸内細菌取得が子どもをぜんそくから守る?
「お父さんクサイ」は要注意!腸内の悪玉菌を増やすNG生活習慣
【カギは腸内細菌】海藻やキノコなどの“溶けやすい”食物繊維を摂ると太りにくくなることが判明
老けない人は「腸の若返り」ができている!
一流の人が実践している「健康な腸」の作り方
あなたの「便」が人の命を救うかも 腸内環境が改善するドッキリ治療法
人間は「微生物のクラウド」に包まれている:マイクロバイオーム最新研究より
大腸がんのリスクを高める要注意な食べ物5つ「ヨーグルト」
あの飲み物もNG!?「腸内フローラ」を乱すやりがち悪習慣5つ
腸内細菌叢の乱れで、体内時計が狂う!?
ダイエットしても痩せないのは腸内「デブ菌」のせい?
果糖が腸内細胞で吸収される仕組み解明 京大など
子どものぜんそく、腸内細菌の不足に関連か カナダ研究
毎朝スッキリに!朝に摂りたい「腸活」食材3つ
腸内フローラ解き明かせ 腸管で細菌は何をしているのか?
じんましんや食物アレルギーの改善に「腸」を整えるとイイ理由
腸をよくすれば耳もよくなる? 内臓と聴覚のつながりとは
多発性硬化症患者の腸内細菌異常を世界で初めて報告-NCNP
多発性硬化症、発症に特定の腸内細菌の減少が関与か
未来の究極のダイエットは腸内細菌を「移植」!? 今夜からできる細菌の移植方法とは
病気になりにくいからだづくりの鍵を握っているのは、自律神経と腸内環境。
関心を集める「エクオール」、骨粗しょう症に改善効果?腸内細菌がイソフラボンから作る栄養素
健康な腸内フローラは院内感染から守ってくれる、抗生物質によって感染しやすい体に
「腸年齢」を大調査!ワースト3は九州地方に集中していた
腸内環境のブルーオーシャンに果敢に挑もう
よい菌と共存を 腸内環境改善にコースメニューで「菌活」
クローン病や潰瘍性大腸炎 難病防ぐ腸内物質確認 神戸大
人見知りがコンプレックスの人必見!改善の秘訣は、発酵食品(リーキーガット症候群)
健康な人の「スーパーふん便」移植 難病に光明
腸内細菌が免疫制御細胞を誘導、腸管免疫の恒常性を保つしくみを解明-慶大
便の硬さから腸内フローラの「豊かさ」が分かる、女性53人のサンプルで検証
夏でもココア?!カカオの糖尿病を防ぐ効果、腸内細菌やミネラル、ポリフェノールも
腸内細菌のすごさを伝えられない「機能性表示食品」..
発酵食品を食べると人見知りが直る?腸内フローラが整い社交不安が改善..
未踏の世界へ:腸内細菌で難病治療へ 慶応大教授・本田賢也さん
腸を整えると睡眠リズムも整う! 腸と睡眠の秘密の関係
食事だけじゃない―運動が腸内細菌に与える効果とは
人工甘味料が腸内環境を変化させる!?
腸も加齢と共に衰弱していく、免疫が弱くなる問題
小さな子どもがかんしゃくを起こすのは、腸内細菌の増えすぎが原因との調査結果
最近よく聞く「腸内フローラ」改善すると健康&美容にいいことが!
主治医が見つかる診療所【あなたの腸を大改善!腸内フローラSP】6月1日 20時00分~
腸内環境の乱れと「サザエさん症候群」が密接に関係 便秘外来の第一人者が語る腸と…
過敏性腸症候群の新しい食事療法「低フォッドマップ食事法」、腸内細菌への影響は?
コーヒーで腸が健康になる?クロロゲン酸で腸内細菌の成長促す
腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)は帝王切開でも母乳でも大きく変化
炎症性腸疾患の謎、悪玉の腸内細菌が解く鍵握るか、大腸菌からDNAに直接的…
ファストフードを食べ続けるとヒトの腸内は2日でデブ菌だらけ! 腸内環境を良く‥
腸内環境の整備で免疫強化、高まるプロバイオティクス需要
ファーストフードを食べると腸内細菌が死滅し、太りやすくなるとの研究結果
科学捜査の新たな「指紋」、体内細菌群で個人特定の可能性 米研究
シロアリは腸内微生物によって高効率にエネルギーと栄養を獲得
「関節が痛い」と思ったら腸内環境の悪化が原因かもしれない!
サザエさん症候群や5月病も?!……女性800人の腸内環境を調べた
腸内フローラ.com サイトリニューアルしましたUP
2週間で大腸がんになりやすい体に?!食事の変更でまたたく間に腸内フローラ…
「シンバイオティクス」が大腸の炎症を…
美人はみんな「腸」がキレイ! 腸内…
糞便移植で腸内細菌の正常化を確認…
寿命まで左右する!驚異の「腸内フローラ」…
腸内フローラは抗生物質で全滅?薬を1年間続けて…
注目の「腸内フローラ」でダイエット&女性の内部…
腸内フローラの驚異的万能性を手に入れる方法…
ダイエットのためには、とにかく腸、腸、腸!…
インゲンマメが大腸を守る、「結腸粘膜」の…
腸内細菌の力か、「フレンチ・パラドックス…
バランスの良い腸内フローラで長生き、100歳…
腸にもゴールデンタイムが!? ストレスに強い…
ダイエットや便秘解消の第一歩は、"腸活"から…
「デブ菌」も関係?抗生物質を赤ちゃんに使…
腸内の免疫細胞をコントロールすると糖尿病…
潰瘍性大腸炎 腸内細菌移植療法で治療後半…
慢性副鼻腔炎(蓄膿症)「マイクロバイオータ」…
腸内細菌の条件次第で大腸がんも招く…
バスプラス いつもチョコを食べたくなる人は「腸内細菌が…
食物アレルギーが出る子と出ない子、その裏…
遺伝子組換した腸内細菌入りの水を1回飲ま…
「善玉」多い日本の子ども アジアの腸内検査…
腸内フローラが血糖コントロールに影響…
花粉症対策は腸内環境整え、免疫力高めて…
腸内フローラで「門脈圧亢進症」が悪化か…
便秘の人は腸内フローラが乏しい、治療をする…
狩猟採集民の腸内環境は、現代人が失った「微生物の…
腸内細菌が「不安」「うつ病」「気分障害」の治療に…
つい甘いものがほしくなるのは、「腸内フローラ」…
病気を見つけたり、もみ消す「賢い」腸内細菌、人工的…
遺伝子、食物繊維、腸内細菌の3つに意外な関係…
人体はマイクロバイオームを内蔵する腸内フローラ…
「乳酸菌が足りない」カゴメが乳酸菌飲料13万本……
腸内フローラ、肥満や糖尿病の発端かもしれない……
脳梗塞、糖尿、肥満、うつ…万病治療「腸内フローラ」…
腸の難病新療法 健康な便を移植 細菌環境改善に光…
ネイチャー誌が警告、食品の乳化剤が.腸内細菌の影響…
帝王切開と腸内細菌に関係?2013年のクロアチアの報告…
自己免疫疾患と腸内細菌とポリフェノールに接点…
腸内細菌で見ると日本の子どもは健康
「腸内フローラ」ネイチャー誌が特集増刊
「たけしのみんなの家庭の医学」3月3日20:00~特集
NHK 「腸内フローラ」再放送日【2月26日午前0:40~】
便のタイプは子に伝わる、腸内細菌に秘密あり
腸内フローラに関する番組が放送されます。
腸内細菌と病気
「『腸内細菌』が寿命を決める!」...
腸の難病にふん便移植腸内細菌の乱れを...
花粉症予防の菌活に有力な納豆菌 腸内で...
出産時に母から子へ受け継がれる腸内...
健康と美の鍵「エクオール」年期世代の...
「腸内細菌」理解深める
腸内細菌に食物アレルギー改善効果の可能性、研究
腸内細菌は偉大! 正しく知って健康に
【微生物学】腸内細菌がとりうるいくつかの状態
痩せない理由は腸内にあり? 腸内細菌...
痩せない理由は腸内にあり? 腸内細菌...
体質も変える腸内細菌って
常在菌の解明 急ピッチ…腸内 免疫や肥満に関与
【ダイエット】殺菌・除菌を止めて痩せる腸内フローラを

腸内フローラ.com ニュース Pick Up


健康な腸内フローラは院内感染から守ってくれる、抗生物質によって感染しやすい体に

健康な腸内で、病院内で感染が広がって問題となる「クロストリジウム・ディフィシル菌」と呼ばれる細菌による感染を防ぐ役割として、「腸内細菌」が注目されている。 このたび複数の腸内細菌について、その有効な組合せが分かるコンピューターモデルが開発された。
抗生物質で院内感染しやすくなる

米国ミシガン大学の研究グループが、エムバイオ(mBio)誌で2015年7月14日に報告した。 研究グループによると、毎年1万5000人の死亡者を出していると言われる、院内感染で問題となるクロストリジウム・ディフィシル菌。 クロストリジウム・ディフィシル菌に感染する最も大きなリスク要因が抗生物質の投与であるという。抗生物質により、健康的な腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)が変化する。この変化から細菌への抵抗性が落ちるのではないかと考えられている。なお、叢は草むらの意味で、花畑になぞらえて、腸内フローラとも呼ばれている。腸内フローラと抗生物質には関係があるという指摘は増えている(抗生物質には未知の悪影響、「デブ菌」「ミトコンドリア」「スーパーバグ」など関係?!を参照)。 抗生物質の投与により、どのように腸内フローラが変化し、クロストリジウム・ディフィシル菌に感染しやすくなるのか仕組みはよく分かっていない。 研究グループはネズミの腸内フローラを抗生物質で治療した場合の変化と、この細菌への感染しやすさとの関連を調べた。
感染性をもたらすのは単一の細菌種ではない

研究グループはネズミの置かれる条件を変えながら、8種類の抗生物質を使って正常な腸内フローラがどう変化するかを調べた。 研究グループが想定したように、腸内フローラの内容は変化した。腸内細菌の内訳を見ると、細菌によって増減が認められた。 クロストリジウム・ディフィシル菌への感染のしやすさの観点では、腸内細菌の集まり全体の変化が影響していると見られた。どれか単一の種が感染から守ったり、逆に感染のしやすさにつながったりしているわけではない。個別に調べるというよりは、全体のバランスに注目する意味がある。
データから予測モデルを作製

研究グループは、得られたデータに基づいて、特定の腸内細菌叢からの変化によってクロストリジウム・ディフィシル菌への感染のしやすさはどう変化するか、90%の精度で予測できるコンピューターモデルを構築した。 このモデルから、「抵抗力」につながるいわば「善玉」の腸内細菌がいくつか浮かび上がった。ポルフィロモナス、ラクノスピラス、ラクトバチルス、アリスティペス、ツリシバクターといった仲間の細菌。善玉の腸内細菌が少なくなると、抵抗力は弱まる。 逆に、感染のしやすさにつながる「悪玉」の腸内細菌は、エシェリキアまたはストレプトコッカスだった。 それぞれの抵抗力、感染のしやすさにつながる腸内細菌の1種類の変化ではなく、複数の腸内細菌が関わりあって影響が出てくる。
将来は「プロバイオティックス」にも

今後、特に抗生物質を服用している場合には、便検体を調べ、どのような腸内細菌が欠如しているかを見る意味も出てきそうだ。感染リスクをあらかじめつかめる。 さらには、腸内フローラを回復させるような腸内細菌を善玉に変える「プロバイオティックス」と呼ばれる予防対策も取れるかもしれない。 腸内細菌のコントロールは当面注目されそうだ。

腸内フローラ.com 人気書籍 Pick Up


「腸内フローラ健康法 太りやすい人ほどやせる!! 」¥810

太りやすい腸内フロラーラをもっているのはどんな人かを解き明かすとともに、食生活や日常生活で、 やせる腸内フローラに体質を改善していく方法を解説します。奥薗壽子先生の体質改善レシピもお役立ちです。 ●奥薗壽子先生が、オリゴ糖、発酵食品など、やせる腸内フローラを育成するレシピを公開。 ●付録の腸内フローラダイアリーを利用すれば、毎日の生活を記録することでやせる腸内フローラを育てる
発売日/2015年5月30日(土) 体裁/A4変型判・68ページ 発行元/株式会社学研パブリッシング

動画ニュース



医学博士 藤田氏 「腸内細菌の働き」

Leaky Gut Syndrome

The Gut Microbiome

DNews Human-Microbiome

公式 facebook

腸内フローラ.com(マイクロバイオーム.com)公式facebook
Microbiome.com

↑ PAGE TOP